headder.jpg

page03_bb01.jpg

この仕事で一番嬉しい事。それはお客様から
「キレイになったわ!ありがとう!」
以前、施工したお客様からも
「もう一度、お宅で塗って欲しい。」
という言葉を聞くことです。
そうした言葉をお客様から頂けるように、滝川塗装ではどの仕事も丁寧で、入念で、キレイに仕上げるように施工しているのですが、どんな工程で施工しているのでしょうか?
なかなかお客様には解りにくい部分だと思います。
それを簡単にご説明します。どの作業も決しておろそかには出来ません。

塗装工程の紹介(サイディング塗りかえの場合)

01.JPG(1)足場設置と養生
施工するための足場の組み立て設置と、周りを汚さないための養生をします。

02.jpg(2)高圧洗浄
塗料などのノリを良くするため、表面の汚れを徹底的に落とします。

03.jpg(3)コーキング撤去
経年劣化で痛んだコーキング(防水を兼ねたクッション材)を全て撤去します。

04.jpg(4)3面接着防止作業とプライマー塗布
サイディングの繋ぎ目であるコーキング材は、内部(住宅面)部材と接着してはいけません。裏側がひっついていると、家屋の揺れ、サイディング収縮により、コーキング切れが起こり、防水効果が下がるからです。その為の作業であり、長持ちの秘訣です。

05.JPG(5)コーキング再充填
仕上げの美しさにも関わる重要な工程ですので、厚みに細心の注意を払います。

06.JPG(6)養生
ここまできてやっと塗装(お客様の目に見える部分)の準備です。

07.JPG(7)下塗り
下地の塗料吸い込みを止めたり、上塗りとの密着性を高めたり、脆弱な下地材の強化をしたりします。

08.JPG(8)上塗り
原則は二度塗りですが、場合や部位によっては三度塗り以上もありえます。

09.jpg(9)養生撤去
テープなどでマスクしたものを撤去します。

10.jpg(10)微調整
細心の注意を払って最終確認し、微調整をします。

11.jpg(11)足場解体
養生をはずし、足場を解体、撤去します

いかがでしょうか?一見単純そうに見える塗装工事も実はこれだけの大切な工程があります。
家も車と同じように定期的な点検が必要です。
一番心配なのは防水面です。
塗装工事というのは外見的なことではなく、下地をきちんと処理して塗り重ねることで防水効果を維持し、 内部を守ることになります。
滝川塗装では、予算に応じて今必要な最良の念入り工事をモットーとして、徹底的な下地処理を行い、自信を持って丁寧な仕上げをお約束します。
現場工事こそ最高の営業という考えで、派手な広告は無いぶん、コストがかからずお客様に還元しています。
1級塗装技能士として30年の経験を活かし、確かな技術でお客様のご要望にお応えします。

想像力を働かせる

shokunin.JPG日光の当たる面だけ劣化が激しい。ご近所にもこんなお家ありませんか?ある住宅物件、木部でのお話。
片方の面は強い西日に直接さらされます。片方は完全に日陰です。
どちらも同様に塗装しますと数年後は西日の面だけ変色するのは明かです。
例えば見積書に「○回塗り」と記載されていても、ある部分だけは余分に塗るというのもよくあります。
ここはとくに風雨がきつく当たるんだな、とか、早く日陰になる部分なんだ。。とか見るわけです。
また施工中に気づいて塗り重ねることもあります。
塗装後、何年か経てば、当然、塗り替え直後のピカピカ感は褪せてくるとしても、
時間が過ぎても、なるべくバランスの良い見た目、美しい劣化を意識して塗装するように心がけています。
「想像力」を働かせながらの施工も楽しいものです。
お客様の利益にかなうことは積極的にご提案し、綿密なお打合せを重ね、より良い施工をさせていただく事。多くのお客様が当社をご支持いただいている大きな理由の一つです。

材料へのこだわり

技術と同様に、使う材料もおろそかには出来ません。
いろんな塗料メーカーや建築資材メーカーが日進月歩でいろんな製品を開発しています。中にはひと昔前と比べると格段に性能が上がっているものもあります。
滝川塗装はどの材料も実際に検証し、その性能が確認されたものを普段の工事で使用します。
そんなこだわりぬいた塗装材料の一部をご紹介します。

auton01.jpg
sealant01.JPGシーリング材とは住宅の外壁の目地や冊子の周りなどに使用される防水材料の一つです。地味な存在ですが、漏水から家を守るとても重要な役割をはたしています。
通常は右の写真の様に年月とともに劣化し、約5〜6年(環境による)でひび割れていきます(写真の青い部分は下地)。そしてそこから雨水などが漏水し住宅を傷めます。

このオートンサイディングシーラントは他のシーリング材に比べ耐久性、伸縮性、接着性が著しく優れています。簡単に言うとそれだけ長持ちなのです。
お客様の住宅のメンテナンスサイクルを延ばし、費用負担を低減させていただくにはこうした優秀なシーリング材が必要です。

メーカー/オート化学工業株式会社


osmo01.jpg
osmo02.jpg
私の子どもは赤ちゃんの頃からひどいアトピーに悩まされていました。必然的に化学物質の沢山入った材料を使うことに抵抗感を持つようになりました。
そうした経緯から滝川塗装では植物原料の無公害塗料オスモカラーや健康に留意した水性塗料を使用しております。
オスモカラーの正規施行代理店の当社は技術面でのメーカー指導を受けている為、自然塗料の良い面を充分に引き出し、良好な仕上がりをお約束できます。
また、適材適所の材料を使うことで、さびや腐食などから住まいを守り、長持ちさせることに努めております。

メーカー/日本オスモ株式会社



bt01.jpg
bt02.jpg
bt03.jpg
bt04.jpg
bt05.jpg
bt06.jpg